受講生の声

アフターサービス職からRailsエンジニアに転職成功!

# #

M.S

27歳前職:アフターサービス職

受講したコース選抜クラス ビギナーコース

全くの異業種であるアフターサービス職からRailsエンジニアに転職されたM.Sさん。転職成功された秘訣などを伺いました。

INTERVIEW

今までのキャリアについて教えてください。
大学では機械工学部で流体力学を勉強していました。卒業後は大手自動車メーカーでリコールなどのアフターサービスを対応する部門にいました。
エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか。
キャリアが会社に依存してしまうのは避けたかったので、自分で稼ぐ力をつけたいと思っていました。また将来的には独立も考えています。そのためにプログラミングを学ぶことで自分の手でキャリアを築いていきたいと考えました。
プログラミングスクールに通おうと思った理由は何ですか。
独学ではなく転職支援付きのプログラミングスクールを探していました。宇都宮在住だったのでオンラインで学べるスクールが前提で、SESではなく自社開発や受託企業への転職が強いポテパンキャンプを選びました。
ポテパンキャンプ卒業後はどのような企業に入社を決めましたか。
アプリやWebサービスを受託している会社に入社しました。社員のほぼ100%がエンジニアで顧客対応などもエンジニアが担当する点が珍しい会社だと思います。入社後は、民泊サービスの受託案件を任され、RailsとReactでバックとフロントを担当しています。
ポテパンキャンプを受講してみてどうでしたか。
カリキュラムは難しかったです。現役エンジニアさんに質問できる体制ですが、質問してもすぐ全てを教えてくれるわけではなくヒントを出す感じなのでそれがキツかったです。 ただ実際にエンジニアとして現場に入って感じたのは、自分でキャッチアップしていくことが重要なのでそれをカリキュラムを通して身に付けることができて結果としてすごくよかったです。あとはカリキュラムを進める上での開発フローが現場とほとんど一緒だったのでそれを事前に学べたのもよかったです。
今後のキャリアの展望について教えてください。
現在RailsとReactでバックもフロントも担当させていただいているので、今後もフルスタックに活躍していきたいと思っています。あとは今の会社では開発以外にもマネジメント面や営業面を学ぶ環境があるので、将来的にはビジネスサイドにも強いエンジニアを目指しています。
#
#

受講者からのメッセージ

#

ポテパンキャンプは現場に近い実践形式で学習することができます。実際にエンジニアとして業務をしていく中で、ポテパンキャンプで学んだことが活かされています。カリキュラムは難しく大変な時期もあるかもしれませんが、それを乗り越えれば現場で通用するスキルがつくので諦めずに頑張ってください!