受講生の声

海運勤務から、資金調達済みスタートアップのWebエンジニアに転職成功!

# #

K.K

26歳前職:海運勤務

受講したコース選抜クラス ビギナーコース

海運勤務という全くの異業種からWebエンジニアに転職成功されたK.Kさん。エンジニアを目指した理由やポテパンキャンプを受講してみての感想など伺いました。

INTERVIEW

今までのキャリアについて教えてください。
大学院まで流体力学を専攻していて、具体的には船のスクリュー周りを勉強していました。就活の際には色々な業界を見ましたが、あまり魅力に感じる業界がなく、大学院で学んだことを活かせる海運業界に就職しました。 実際に入社してみて1年間という短い時間でしたが、今後40年間以上同じ会社にいるイメージが湧かず転職を考え始めました。 海運で使われる技術は陸で実用性が確認されたものの転用がほとんどなので他の業界よりも技術的にも古く、また仕事内容も他業界では通用しないスキルしか身につかないと感じていました。
エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか。
大学時代にプログラミングをやってみようかなと思っていたが、なかなか機会がありませんでした。転職を考え始めたタイミングで改めてプログラミングをやってみようと思い、最初は気軽に始めてみました。
プログラミングスクールに通おうと思った理由は何ですか。
まずは興味本位でRubyとRailsを勉強しようと思いRailsチュートリアルを独学で進めていたがつまずいてしまいました。その頃にはしっかりプログラミングを学びたいと思い始めていたので時間短縮のためにスクールに通おうと思いました。 ポテパンキャンプ以外にも2-3社ほどカウンセリングを受けましたが、オンライン完結でレビュワーがしっかり見てくれる点を踏まえてポテパンキャンプの受講を決めました。
ポテパンキャンプ卒業後はどのような企業に入社を決めましたか。
自社サービスと受託をやっているスタートアップに入社します。最初は受託案件をPHPベースで開発担当する予定です。現在社員は60名ほどですが、これからまだまだ拡大途中にある企業です。
ポテパンキャンプを受講してみてどうでしたか。
カリキュラムを進める中で質問があった時に、すぐに回答をもらえたのが助かりました。 またプログラミングスクールに求めていたのが効率的に成長できるロードマップだったので、ここまでやれば転職可能性が高くなりますという基準があってよかったです。それがあるから日々頑張ることができました。 プルリクベースの開発フローを実戦に近いかたちで学ぶこともできました。
今後のキャリアの展望について教えてください。
まずは目の前の仕事を全力で頑張って、出来るだけ早く会社に貢献したいと思っています。また常に最新の技術などにはアンテナを張り、市場価値を上げていきたいと考えています。
#
#

受講者からのメッセージ

#

ポテパンキャンプを受講するならその環境を信じて最後までやりきることが大事だと思います。挫折にしそうになることもありますが、質問をすればレビュワーさんが丁寧に回答してくれます。出来るだけ質問も整理して出すようにしましょう。

転職活動時は、面接対策もした方がいいと思います。ポートフォリオの質も重要ですがやはり実際の面接での受け答えの方が重要だと思います。事前に選考企業の情報収集や想定質問を考えておきましょう。